大阪港振興株式会社の沿革

昭和22年8月 大阪市北区において、大阪港の復興と機能増進を図るため公私共同出資の大阪港振興株式会社を設立、臨港土地貸付事業の準備及び臨港諸施設の経営に着手。
昭和23年1月 港振興会館を開館。
昭和23年6月 土地貸付事業を開始。
昭和24年5月 大阪証券取引所に株式(優先株式)を上場。
昭和25年4月 公共上屋としての上屋事業を開始。
昭和25年6月 冷蔵倉庫を新設し、製氷及び冷蔵倉庫事業を開始。
昭和31年5月 本社所在地を大阪市港区に移転。
昭和36年4月 みなと遊園を開園。
昭和38年10月 大阪証券取引所改組により、同市場第2部に株式(優先株式)を上場。
昭和42年7月 冷蔵倉庫を改築。
昭和44年4月 港振興ビル(南館)を建設し、ビル事業を開始。
昭和45年7月 第一大阪港ビルを建設。
昭和46年8月 港振興会館を廃館。
昭和47年1月 みなと遊園を廃止。
昭和48年3月 株式上場廃止に伴い、店頭売買銘柄に株式(優先株式)を登録。
昭和48年3月 遊園跡地の一部を南港の土地と交換、南港地域における事業を開始。
昭和48年4月 港振興ビル(北館)を建設。
昭和49年7月 冷蔵倉庫を増設。
昭和50年4月 南港センタービルを建設。
昭和51年9月 製氷業を廃止、凍氷の仕入販売業務の開始。
昭和52年10月 南港ポートタウン管理センターを建設。
昭和54年7月 南港ポートタウンショッピングセンター施設(第1期)を建設。
昭和59年11月 南港ポートタウンショッピングセンター施設(第2期)を建設。
昭和60年3月 南港ポートタウン西駅前商業施設を建設。
昭和61年10月 冷蔵倉庫を増設。
平成4年11月 南港ポートタウンショッピングセンター飲食店舗施設「カリヨンプラザ」を建設。
平成6年3月 大阪港振興南港倉庫を建設。
平成11年1月 大阪港振興第2南港倉庫を建設。
平成14年8月 pia NPOの営業を開始。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式(優先株式)を上場。
平成17年9月 南港ポートタウン西ビルを建設。
平成17年12月 グループホームを建設。
平成18年3月 株式会社辰巳商会が当社株式に対する株式公開買付け(TOB)を実施し、当社の親会社となる。
平成20年1月 上屋事業を廃止。
平成21年11月 冷蔵倉庫事業を廃止。
平成23年12月 大阪証券取引所(ジャスダック市場)にて上場していた優先株式を非公開化。
平成24年1月 piaNPOの営業を終了。
平成25年4月 南港ポートタウン駐車場管理事務所を開設。
平成27年8月 さきしま書店の営業開始。